市営住宅に入居するための裏ワザはありますか?

インターネットなどの噂では、議員や市役所のコネがあると当選しやすいという話がありますが、コネで当選するというのは難しいかと思われます。
ほとんどの市町村では公開抽選を行っています。その場で発表されるため、不正は難しいでしょう。

しかし、当選の確率が上がる方法はあります。
まずは応募倍率に注目してみましょう。
神奈川県営住宅の場合(27年11月現在)、一般世帯向の新築が応募倍率6.5倍ですが、改良住宅では1.7倍と応募者数に開きがあります。当然ながら応募者数の少ない物件の方が当選確率が上がります。

もう1つは優遇制度です。高齢者や身体障害者などを対象とした優遇制度の他に、一般の方にも適応される「落選優遇(過去5年以上連続して落選)」「地元優遇」などがあります。市町村によって条件が変わりますので、募集しおりや、役所の窓口でご確認ください。(お問い合わせ先一覧

市営住宅の条件に合わなくても公共賃貸なら見つかります

公共住宅賃貸募集センター

公共住宅賃貸募集センターでは、神奈川県内の公共賃貸住宅(UR都市再生機構、神奈川県住宅供給公社、等)を一括してご紹介することが可能です。仲介手数料不要、礼金・更新料不要、家賃補助の受けられる特定優良賃貸住宅(特優賃)など、公共住宅には安心・お得なメリットがいっぱいです。